ロイヤルサーモンプラセンタドリンク25万本突破!!

無料ご相談・資料請求はこちら0120-17-1646

プラセンタの種類

動物系

動物性のプラセンタは、主に、

ヒト、馬、豚、羊

に由来します。以前は、牛プラセンタも存在していたのですが、口蹄疫(BSE)問題から、現在では販売を禁止されています。
ヒト由来のプラセンタは、基本的に医療用とされており、「プラセンタ注射」も、これに分類されます。
化粧品やサプリメントとして、一般的に流通している物のほとんどが、馬か豚由来のプラセンタになります。
(海外では羊由来も多く出回っていますが、日本ではまだまだ珍しいのが現状です)
馬には馬の、豚には豚の特徴があり、各社それぞれの魅力を謳っていますが、どちらの方がより人間に高い効果が認められるか?厳密には科学的に実証されていません。

馬→1度に1頭しか出産できない為、その希少性から高価な場合が多い。
以前は豚の何百倍ものアミノ酸を有するといわれていたが、
科学的根拠を提示できなかった為、現在ではそういった広告表現が禁じられている。

豚→1度の出産頭数が比較的多い為、馬に比べ安価な場合が多い。
馬よりも豚の方が、サイズ的に人間に近い事から、
より人間の身体になじみやすいという説もあるが、
実際の愛飲者の声によれば、どちらが良いかは個人の体質によって異なる模様。

また、流通している馬・豚プラセンタは、当然病気の心配のないものであり、まず安全なものと考えられます。
しかし、海洋性・植物性と比べ、「1番体感を得られそうだけれど、安全性が心配」というイメージを持たれる傾向にあります。

魚系

「海洋性プラセンタ」といわれるもののほとんどが、鮭(サーモン)の卵巣外皮に由来するエキスを指します。
そもそも、「動物性プラセンタは不安」という人にとって、「植物性よりは効果があって、動物性よりは安全」な印象の海洋性プラセンタ。
長らく、「動物性プラセンタほどの栄養・効果はない」と考えられてきました。
しかし、近年、哺乳類の胎盤に替わる器官「(鮭の)卵巣外皮」に、動物性に劣らぬ栄養価を持つ事が判明し、待望の「海洋性プラセンタ」商品化が実現。
成分によっては動物性を超える栄養価を誇り、「コラーゲンをより多く含むプラセンタ」とも言われています。
また、鮭などの回遊魚は、体内に毒素を溜めにくく、BSEのおそれが無い上に、「サーモン」の美容効果への関心が高まっている事があいまって、海外や美容専門家の間で人気を博しています。

植物系

植物性プラセンタは、3種類中、もっとも栄養価としては低いのですが、もっとも安全性が高く、安心でやさしいイメージを抱かれています。
海洋性プラセンタ同様、植物にも胎盤はありませんので、「植物性プラセンタ」は、種子を培う「胎座」という器官から抽出したエキスを指しています。
動物性プラセンタにも、海洋性プラセンタにも抵抗がある人や、ベジタリアンの方などに好まれています。
メロンの種や、薔薇、大豆由来の成分が多く見受けられます。
その他、プラセンタ特有の臭いが無い点も、植物性プラセンタの魅力といえるでしょう。

  • 効果・効能を知る
  • よくある質問

資料請求はこちら

無料ガイドブックプレゼント!資料請求はこちら

サーモンプレセンタ50,000mgドリンクご購入はこちら

すべて無料配信ピュアレメルマガ無料登録する

ご購入はこちら

従者日記

ブランドサイトはこちら

ご購入はこちら

TOPへ